お雑煮ちゃん・ω・

あくせくするのはもうやめて、いつでものんびりお正月気分♪ 日常の喧騒とは離れた情報を配信。 話題の面白いネタを厳選してお届けします。

    1: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 22:22:02.36 ID:CAP_USER
    米宇宙望遠鏡、19年に延期 NASAのハッブル後継機
    2017/9/29 12:10

    【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は28日、開発中のジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡(JWST)の打ち上げを2019年3~6月に延期すると発表した。18年10月を予定していたが、組み立てに想定以上の時間がかかっているためで、開発には技術的な問題はないとしている。
     
    JWSTはハッブル望遠鏡の後継機。太陽系外の惑星を赤外線で観測し、生命の誕生に適した環境かどうかを調べる。
     
    六角形の鏡を18枚組み合わせた直径6.5メートルの反射鏡が特徴で、テニスコートほどもある大きな機体は宇宙望遠鏡としては史上最大となる。地球から約150万キロ離れた特殊な軌道を飛ぶ。

    ジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡の想像図(NASA提供・共同)
    no title

    ネットで話題の情報を厳選してお届け・ω・
    お雑煮ちゃんねるトップページへ


    【【天文】ハッブル後継機 開発中のジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡(JWST)の打ち上げ、19年に延期/NASA】の続きを読む

    1: 白夜φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/07(木) 23:53:36.81 ID:CAP_USER
    天の川銀河で中質量ブラックホール候補の実体を初めて確認
    2017年9月 5日 |研究成果

    gf01a201502161600shry4


    慶應義塾大学理工学部物理学科の岡朋治(おか ともはる)教授らの研究チームは、アルマ望遠鏡を使用して、天の川銀河の中心部分に発見された特異分子雲「CO?0.40?0.22」の詳細な電波観測を行いました。この特異分子雲は、天の川銀河中心核「いて座A*(エー・スター)」から約200光年離れた位置にあり、その異常に広い速度幅から内部に太陽の10万倍の質量をもつブラックホールが潜んでいる可能性が指摘されていました。観測の結果、特異分子雲「CO?0.40?0.22」の中心近くに、コンパクトな高密度分子雲と点状電波源「CO?0.40?0.22*」を検出しました。検出された点状電波源は、いて座A*の500分の1の明るさを持ち、プラズマまたは星間塵からの熱的放射とは明らかに異なるスペクトルを示しています。この点状電波源「CO?0.40?0.22*」の位置に太陽質量の10万倍の点状重力源を置いた重力多体シミュレーションを行った結果、周囲のガスの分布と運動が非常に良く再現できることが分かりました。これらのことから点状電波源「CO?0.40?0.22*」は、特異分子雲「CO?0.40?0.22」中に存在が示唆されていたブラックホール本体であると考えられます。これは、我々が住むこの天の川銀河において「中質量ブラックホール」候補の実体を確認した初めての例になります。

    本研究の成果は、2017年9月4日発行の英国の科学雑誌『ネイチャー・アストロノミー』に掲載されました。

    ▽引用元:国立天文台 2017年9月 5日 |研究成果
    https://www.nao.ac.jp/news/science/2017/20170905-alma.html

    中質量ブラックホールによる重力散乱でガス雲が加速される様子の想像図
    https://www.nao.ac.jp/contents/news/science/2017/20170905-alma-fig.jpg

    ネットで話題の面白いネタを厳選してお届け・ω・ お雑煮ちゃんねるトップページへ

    【【天文】天の川銀河で中質量ブラックホール候補の実体を初めて確認/慶應大など©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ